スタジオアリスは地震被害で9店が今後2週間以内の営業再開困難【震災関連速報】

スタジオアリスは地震被害で9店が今後2週間以内の営業再開困難【震災関連速報】

子供写真館最大手のスタジオアリスは、東日本巨大地震の影響によって14日時点で東北地方を中心に36店舗が休業していることを明らかにした。順次、営業再開をはかっているものの、テナント入居するショッピングセンターの損壊が激しかったり、電気や水道などのライフラインの復旧待ちの状態などで「少なくとも2週間以内の再開が困難な店舗は現時点で9店舗」(スタジオアリス)としている。同社は全国に400店舗を擁している。

地震発生翌日の12日は休業店舗が61店だった。営業時間中の被災だったが利用客や社員の人的被害はなかった、という。点検を経た後、営業再開する店舗が続いて、休業店数は13日に39店、14日に東北地方18店、関東地方18店と少なくなっている。残っている店は、テナント入居しているショッピングセンター全体が営業停止中だったり、単独でもスプリンクラーが曲がったりして修理までに時間を要する店舗などが中心となっている模様だ。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。