スタジオアリスは地震被害で9店が今後2週間以内の営業再開困難【震災関連速報】

スタジオアリスは地震被害で9店が今後2週間以内の営業再開困難【震災関連速報】

子供写真館最大手のスタジオアリスは、東日本巨大地震の影響によって14日時点で東北地方を中心に36店舗が休業していることを明らかにした。順次、営業再開をはかっているものの、テナント入居するショッピングセンターの損壊が激しかったり、電気や水道などのライフラインの復旧待ちの状態などで「少なくとも2週間以内の再開が困難な店舗は現時点で9店舗」(スタジオアリス)としている。同社は全国に400店舗を擁している。

地震発生翌日の12日は休業店舗が61店だった。営業時間中の被災だったが利用客や社員の人的被害はなかった、という。点検を経た後、営業再開する店舗が続いて、休業店数は13日に39店、14日に東北地方18店、関東地方18店と少なくなっている。残っている店は、テナント入居しているショッピングセンター全体が営業停止中だったり、単独でもスプリンクラーが曲がったりして修理までに時間を要する店舗などが中心となっている模様だ。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT