古河電工は4事業所が操業停止、設備損傷より計画停電が響く【震災関連速報】

古河電工は4事業所が操業停止、設備損傷より計画停電が響く【震災関連速報】

電線大手の古河電工は、東日本巨大地震を受けて、光ファイバーケーブルなどを製造する千葉事業所、伸銅品やHDD用アルミ基板を製造する日光事業所、銅箔事業所(日光市)、樹脂製品などを製造する平塚事業所が操業を停止している。

設備面での被害が最も大きいのが千葉県市原市の市原埠頭に位置する千葉事業所。中央排水溝が100メートルにわたり破損したため食堂、トイレが使えないうえ、ケーブルを冷やすにも水を必要とすることから、従業員面、設備面の両方で問題が生じている。また、敷地で液状化現象が発生、これが建屋、設備にどのような影響を及ぼしているかも14日正午現在ではつかめていない。現状では操業再開時期は未定だ。

ほかの事業所の設備は千葉に比べれば損傷が軽微で、むしろ計画停電の影響が大きい。日光は設備点検で異常がなければ操業再開が視野にあり、平塚は設備面で問題はなくいつでも操業が可能だ。ただ、銅箔や樹脂などは生産の途中で電気が停まってしまうと、それまで作っていた製品全体が不良品となってしまう。計画停電の詳細がわからない段階で、おいそれと生産を再開できないのだ。銅箔事業所は取りあえず1週間、操業を停止すると決めたが、さらに長引くかもしれない。

11年3月期は残すところ2週間強だが、好調な海外子会社は12月期決算のためすでに実績が出ており、国内のマイナスをカバーすることができない。業績を下押す可能性が出て来た。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT