わが子の不登校「親だってしんどい」の乗り切り方 先輩パパママたちはどう対処したのか

拡大
縮小
わが子の不登校に直面したとき、親も悩み苦しんでいます(写真:プラナ/PIXTA)
親だって、しんどいんです――。わが子の不登校に直面したとき、そう感じる親御さんはすくなくありません。親は誰しも、がんばっているからです。しかし、何をやってもうまくいかないときもあれば、他人の何気ない一言で心がかき乱されるくらい苦しい思いをすることもあります。
親の気持ちがしんどくてたまらないとき、ほかの親はどのようにして乗り切っているのでしょうか? 長年の取材を通じて得た「不登校先輩パパママのしんどいときの乗り切り方」をご紹介します。

不登校でもっともつらい思いをしているのは子ども自身です。ただし、親には親のしんどさがあるものです。取材を長年続けるなか、「親だってしんどい」という話を何度も聞いてきました。

当記事は不登校新聞の提供記事です

「あなたの育て方に問題があったのではないか」と言われて傷ついた親もいます。子どもから「死にたい・消えたい」と言われ心がつぶれそうになった親もいます。「街中でうちと同世代の子どもが学生服を着て楽しそうに歩いている姿を見て涙が出た」という話を聞いたことも、1度や2度ではありません。そこで今回は、しんどい気持ちになったとき、どうやって乗り切ってきたのか。先輩パパママが実践した方法を紹介します。

物理的な距離と感情の吐き出し

しんどい気持ちの乗り切り方として、親からよく聞くことが2つあります。1つは「子どもとの距離を物理的にあけること」、もう1つが「自身の本音を誰かに話すこと」です。子どもが不登校した際、仕事や趣味のサークル通いなどを辞めてしまう親がいます。子どもが小学校低学年など、そうせざるを得ない場合もありますが、子どもからは「親が家に居ない時間があることでのんびりすごせた」と歓迎する声も聞かれます。親子それぞれの時間をすごせるという意味で「親は元気で留守がよい」ということです。

次ページ不登校で悩む親どうしが話し合うメリット
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT