日清食品HLDは茨城県取手市の関東工場を数日間操業停止【震災関連速報】

日清食品HLDは茨城県取手市の関東工場を数日間操業停止【震災関連速報】

日清食品ホールディングスは、11日に発生した東日本巨大地震の影響で、安全確認のため即席麺を製造する関東工場(茨城県取手市)を一時操業停止している。工場建物、人的にも大きな被害が出ているわけではないが、操業再開には数日間を要する見込みだ。他の工場では今のところ影響は出ていない。即席麺は地震後、首都圏など被災地以外でも一部が品薄状態となっており、今後の入荷が未定となっている小売店も多数ある。

また、日清食品HLDは13日に100万食の即席麺の無償提供と、キッチンカー7台の被災地への派遣を表明している。これらの費用に関しては現状公開していない。

(麻田 真衣 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT