昭和電線HDは宮城県の2工場が被災、全容つかめず【震災関連速報】

昭和電線HDは宮城県の2工場が被災、全容つかめず【震災関連速報】

電線5位の昭和電線ホールディングスは、宮城県の南部にある仙台事業所(柴田郡柴田町)と子会社の多摩川電線(亘理郡山元町)が被災した。いずれも人的被害、建物の倒壊はないが、仙台事業所は設備の損傷、床の変形、多摩川電線は建物に一部破損がそれぞれあるという。

ただ、「情報が断片的で全容がつかめず、ライフラインが復旧した後にどれくらいで操業を再開できるかは不明」(経営企画部)。

仙台事業所には3つの生産子会社があり、内訳は2つが通信用電線、1つが電力用電線で通信用の主力工場という位置づけになる(多摩川電線は巻線を製造)。生産再開が遅れると通信用電線(当社のセグメントではコミュニケーションシステム事業)に影響が出る恐れがある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT