Uber超え!中国スマホ配車2社が合併へ

滴滴打車と快的打車が合併を発表

(写真:XiXinXing / Imasia)

[北京 14日 ロイター] - スマートフォン(スマホ)を使った配車サービスで中国市場をリードする滴滴打車と快的打車は14日、合併すると発表した。同分野で世界最大級の企業が誕生することになる。

関係筋によると、合併後の企業価値は約60億ドル。株主構成は明らかになっておらず、新会社名も公表していない。現在、滴滴にはインターネットサービスの騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>が、快的には電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>が出資している。

合併後も、それぞれのブランドで独立して事業を運営する。滴滴と快的両社の最高経営責任者(CEO)が、新会社の共同CEOに就任。春節(旧正月)後に新事業を正式に発足させる。

調査会社アナリシス・インターナショナルの12月の調査によると、滴滴の市場シェアが約55%。快的は残りほぼ全てのシェアを占める。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT