ゴールドマン・サックスが進める調査部門「汎アジア化」改革の実態--堀江伸・投資調査部門統括


--アナリスト採用時の英語力はどこまで求めるか。

日本の調査部でも毎年、新卒を2~3人程度採用しているが、採用の段階で英語のできない人は基本的に採らない。そこの「バー」はすごく上げている。最終選考に残る人は、TOEICで900点以上がほとんど。入社後から教育するようでは追いつかない。今も社内メールや部会、プレゼンテーションはすべて英語だ。

■グローバルなプラットフォームが生み出すサービスの提供力と均一性

--日本の野村ホールディングスや大和証券グループ本社なども近年、アジアを大幅強化しているが、脅威に感じているか。

もちろん競合は感じているし、アナリストを引き抜かれるのは困るが、それによってわれわれの戦略がブレることはない。われわれはアジアだけで最適化しているのではなく、グローバルな戦略の中で各地域が粛々と同じようにやっている。現状、米欧アジアの世界3地域すべてでトップ3に入っている証券会社は当社以外にはない。グローバルなサービス提供力や、サービスの均一性がわれわれの強みだ。

たとえばCROCI(クロッキー Cash Return On Cash Invested=現金ベースの資産収益率)をベースにしてバリュエーションを行うやり方がある。もともとは当社のロンドンで開発したものをグローバルに展開している。完全にでき上がっていてトラックレコードのある仕組みをアジアにも短期間に導入して、計算できるのは、グローバルなプラットフォームがあって、時間とおカネとシステムが投資されているからこそ。これが大規模な年金基金など長期投資家向けのサービスで非常に大きな効果を発揮している。

--中国でビジネスをやるうえでのリサーチにおける最大の武器は何か。

中国当局が本当に求めているのは、高い「スタンダード(品質)」を中国に導入するということだと考えている。リサーチのクオリティにしても、人の教育にしても、高い品質が中国に持ち込まれることを望んでいる。だからこそ、(証券会社としても)グローバルなハイ・スタンダードがあるかどうかが最初のエントリーバリアになるのではないか。

ほりえ・しん
日本証券アナリスト協会検定会員、早稲田大学法学部卒、シカゴ大学大学院修了(MBA)。 野村総合研究所にて8年間、野村インターナショナル(香港)にて2年間、資本財およびアジア・テクノロジー・セクターを担当後、1998年ゴールドマン・サックス入社。 2007年7月、投資調査部門統括に就任。『インスティテューショナル・インベスター』誌によるアナリスト・ランキングにおいては、01年から06年まで連続して、精密機械部門で第1位に選ばれる。

(中村 稔 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。