科研製薬、「爪の水虫薬」がロケットスタート

通期の利益計画は第3四半期でほぼ達成

この海外販売はかなり順調なようだ。バリアント社は昨年7月の第2四半期決算の発表時、ジュブリアの米国売上高を2015年に1億5000万ドル、2016年は3億ドルという見通しを示していた。

ところが、今年の1月8日に公表した2015年の見通しではそれが大きく変わった。昨年10~12月のジュブリアの売上高はテレビCM等の効果もあって5000万ドル以上に急伸しており、2015年の売り上げ見通しは3億~4億ドルと、従来から倍以上に引き上げられた。

昨年6月、バリアント社が米FDA(食品医薬品局)の販売承認を得たことを発表した資料の中では、米国における爪白癬症の潜在的な患者数はおよそ3500万人としており、”市場規模”は日本の3倍以上だ。

大型製品に成長するか

科研製薬はクレナフィンについて、「塗り薬という形態が新しさの1つ。これまで国内の爪白癬の薬には飲み薬しかなかったが、塗り薬なら指1本単位での治療が可能になる」と説明する。また6月のバリアント社のリリースでは、既存の飲み薬や塗り薬の効能が限定的だった旨が記されている。海外での順調な売れ行きは、宣伝効果だけでなく、その治療効果が医師に評価されているという見方もできるだろう。

科研製薬の主力である関節機能改善剤「アルツ」(2014年度の販売計画は305億円)は生化学工業からの仕入れ品で、主柱となる自社開発品の育成が課題となっていた。一方、たちまち頭角を現したクレナフィンは、自社開発品で利益率も高い。このペースで行けば、年間売上高が国内だけで100億円を超えそうな勢い。水虫薬は科研製薬を代表する大型製品となるか。ロケットスタートを切った今後の販売動向にさらに注目が集まりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?