マンション高騰、それでも「今が買い時」といえる訳 重要なのは選び方、購入者調査で見えた実態

印刷
A
A
マンション購入者へのアンケートで見えてきた実態とは(写真:今井康一)

マンション購入理由の1位は「資産を持ちたい」

今やマンション購入を検討している理由の1位は「資産を持ちたい・資産として有利だと思ったから」になる。これは新築分譲マンションを供給する大手7社で形成するメジャー7のアンケート調査結果(最新は2019年度)である。価格が高騰している中、持ち家という資産を持ち、値上がりした人が多いからという背景もあるだろう。

この連載の記事一覧はこちら

筆者はその資産性にフォーカスして全物件の資産価値を格付けした無料会員制サイト住まいサーフィン(会員数28万人)を運営しているが、会員にアンケートしてみた。その結果から、資産形成の実態が見えてきた。

住まいサーフィンの会員でマンションを実際に購入した人へアンケートをした。サンプル数は657人。約半数の313人がこの5年以内の購入者となる。平均年収は1039万円で、資産性に興味を持った人の年収は総じて高い。新築マンションを購入したのが、614人で93.5%を占め、残りが中古マンション購入になる。

まず、その購入満足度は高く、満足が51.4%、やや満足が39.0%で、この2つで90.4%となる。やや不満1.5%、不満0.5%の2つで2%に過ぎないので、その高さは際立っている。

次ページ資産性で最も重要なのは「立地選定」
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT