トヨタが「リアル車将棋」に本気で挑む理由

ニコ生との異色コラボ、羽生善治名人も参戦

これをトヨタは本気で引き受けた。豊田章男社長も最終的に承認しており、豊田社長のほか副社長、専務、常務など8人の重役が稟議書にハンコを押している。

裏側にはトヨタのリアルな危機感がある。それは「若者のクルマ離れ」だ。バブル期に「デートカー」という言葉が生まれたように、かつて若者の憧れでありステータスだったクルマ。今は見る影もない。日本国内の新車市場で圧倒的なシェアを誇り、海外でも戦線を拡大するトヨタといえど、ホームグラウンドであるここ日本で将来を担う若者たちからそっぽを向かれたままの事態を放置しておけない。

企画はすぐには進まなかった

とはいえ、リアル車将棋がすんなりと実現したワケではない。

「すごいことを考えるな。面白い」

持ち駒や成り駒をリアルなクルマでどう表現するかも将棋ファンの注目点(写真:ハグム/Imasia)

2014年春にドワンゴからの企画を受けたトヨタ側担当者の第一印象だ。ドワンゴが運営する「ニコニコ動画」は30歳未満のユーザーが全体の6割近くを占める。

テレビをあまり見ないでパソコンやスマートフォンなどで動画を見ている若者たちに、興味本位であってもクルマに関心を持って見てもらえるかもしれない。ただ、担当者の直感では「具現化するのは難しいかもしれない」。すぐに企画が進められたワケではなかった。

一方で、トヨタはテレビCMを使ったキャンペーンやインターネットの活用、ソーシャルネットワーク(SNS)を使った情報発信などに取り組んでいるが、「気持ちの離れた若い人たちにクルマの楽しさを知ってもらうのは簡単ではない」というのが社内の共通認識。「本格的なデジタルマーケティングに取り組まなければならない」という機運が徐々に高まっていっていた。

そんな局面で事態は動いた。2014年秋。トヨタ側は20代の若手担当者を中心として企画を構成。「A3用紙1枚にまとめる」というトヨタの伝統に沿って、企画の狙いや概要、データ、目標の達成度合いを測るKPIなどを上層部に示した。「若者のクルマ離れに一石を投じる」。担当者のプレゼンに対し、バカバカしさと愚直さのバランスが社内でも理解され、企画にゴーサインが出る。

次ページ巨大組織の壁をどう崩した?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT