最高益トヨタ、上り調子は揺るがないのか

円安効果を満喫し空前の利益水準

2月4日に都内で第3四半期決算で説明を行ったトヨタ

トヨタ自動車は2月4日、第3四半期決算の発表とあわせて2015年3月期の業績見通しを上方修正した。営業利益は2兆7000億円を見込んでおり、従来の予想から2000億円の上乗せとなる。

今期の業績上方修正はこれが2度目だが、驚きはない。なぜなら、2015年度下期の為替前提が1ドル105円と実勢のレートとかけ離れていた。トヨタの場合、対ドルで1円円安になると年間ベースで400億円の増益となり、販売台数が大きく変わらなければ、利益の上振れは確実だった。

また、トヨタの予想の出し方は保守的なことで知られている。近年でもリーマンショック直後で赤字に転落した2009年3月期を例外として、実績は常に期初に示した業績見通しを上回ってきた。2月5日の株価は終値が前日比74円安の7654円。ほぼ”無反応”なのは、業績の上方修正が織り込み済みだった証拠だろう。

販売台数はほとんど前期並み

空前の利益をたたき出す一方、足元の事業環境はそれほど楽観できない。今回、連結ベースの販売台数見通しは900万台へと5万台引き下げた。前期実績から11万台の減少となる。

経済が好調な北米の販売増がある一方、消費増税の落ち込みから回復が遅れる日本、タイやインドネシアなどの東南アジア、資源安で沈むロシア、南米などが前期を割り込む。持分法適用の中国を含むグループの世界総販売台数も1010万台と、こちらも前期実績にわずかにとどかないと見込んでいる。

お家芸の原価改善も1000億円単位のコスト削減に寄与しているが、研究開発費や減価償却費は増加。労務費も増やしており、円安効果がなければ利益はおおむね前期並みでしかない。

次ページ利益体質は着実に強化
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT