最高益トヨタ、上り調子は揺るがないのか 円安効果を満喫し空前の利益水準

印刷
A
A

このことから、為替影響を除けば利益の大きな伸びは期待できない。現状の為替水準が続く想定なら、年度平均では対ドルで多少の円安効果は見込めるものの、その寄与度は限られてくる。

これらを勘案すれば、営業利益2.9兆円から3兆円という予想が妥当なところだろう。もっとも、トヨタはいつも保守的なだけに、今年5月の期末決算時に出す2015年度の業績見通しは営業減益とする可能性も否定できない。

建設凍結の方針はどうなる?

トヨタは2016年3月末までの3年間、新工場の建設凍結を掲げている。世界的には販売鈍化で工場新設のひっ迫度は低いが、販売が伸びている米国市場はかなり需給がタイトで、米国工場はほぼフル稼働が続いている。メキシコ工場計画の検討が進んでおり、凍結方針は若干緩められているという声もある。が、4日の決算会見後、小西工己常務役員は「2016年3月までは(工場新設は)凍結します」とあらためて強調した。

金融政策では今年中の利上げを予想する向きもあり、米国市場も先行き不透明であることを考えれば、既存工場の能力増強を優先する姿勢は妥当ともいえる。3兆円に迫る利益を上げながら、さらに上を求められるトヨタ。外野の声に惑わされず、当面は基盤固めを優先する考えのようだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT