「黒字経営だから問題ない」が見落としているもの 借入や出資で調達した資金の重みを知ってますか

拡大
縮小

 

個人の例で考えてみましょう。たとえばここに、100万円で買える年利5%の金融商品があったとします。ゼロ金利時代の今、年利5%という水準は魅力的に感じられますし、是非買ってみたいとあなたが思ったとしましょう。ただこの時、手元に余裕のある資金がなかったとしたら、あなたはどうするでしょうか。

資本コストが認識・把握されていないことが少なくない

対応策としては2つあります。1つは諦めること、もう1つはお金を借りてきて、その借りてきたお金で金融商品を買うことです。仮に銀行が年利10%であなたに100万円を貸してくれるとしましょう。この時、あなたはこの条件でお金を借りて、年利5%の金融商品100万円分を買うでしょうか? 考えるまでもなく、こんなことはしないはずです。

ゼロからわかるファイナンス思考 働く人と会社の成長戦略
『ゼロからわかるファイナンス思考 働く人と会社の成長戦略』(講談社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

仮にこの条件でお金を借りてこの金融商品を買ったとしたら、年利5%なので、翌年には105万円が手元に戻ってきます。これだけを見るとお金が増えるように感じるかもしれませんが、年利10%なので銀行に110万円を返さなくてはいけません。

105万円−110万円で、5万円を失うことになります。絶対に損する非合理な経済条件だということは誰にでもわかることでしょう。ところが会社経営となると、具体的な資本コストが認識・把握されていないことが往々にして起こっています。その結果、先ほどの金融商品の例と同様の非合理な状況に陥っているにもかかわらず、特段問題視していない経営者が少なくないのです。

「黒字だから問題ない」という発言は、そうした発想を端的に表しているフレーズと言えます。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT