リモート転職「出社・転居不要」で働く人々の実態 人探しの対象を全国に広げてベスト採用を可能に

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
印刷
A
A

2021年11月に入社した小林浩紀さんは、WEBのプロデュース経験が豊富で、29歳で起業し、2つの会社を経営していた。

「万一に備えてビズリーチに登録しており、経歴書はマメに更新していました。今のタイミングで就職したかったわけではなく、いい会社があれば、と考えたところ、スタイルプロダクツからスカウトがかかったのです」

起業して以来、新潟に拠点を置きながら10年以上にわたって仕事を続けてきたが、地元にこだわったのは新潟で納税して、貢献したい、という気持ちがあったから。また、今回の場合は、幼い子どもがコロナに感染するのが怖い。それで、新潟にとどまることを条件とした。

スタイルプロダクツが求めていたのは、クリエーティブなスキルを持つと同時に、幹部社員として会社の軸になってくれる人材。その点、会社経営の経験もある小林さんは適任だった。

「新潟在住、逆に面白い」

「知見が広くて深いし、人柄もいい。面談のときに、早くもいろいろな事業アイデアを共有できたので、是非に、と思いました。新潟在住というのも、逆に面白いと思いました。会社の将来構想に世界中のクリエーターとつながって仕事をするということがあって、遠くにスタッフがいると広がりも感じさせる。東京や大阪にしか優秀な人材がいないわけではない、とも考えていました」(守屋社長)

入社後に、リモートによる新商品会議を実施したところ、談論風発して2時間を超えるほどの盛り上がりだったのだという。アイデア豊富な小林さんは最初から会話に溶け込み、既存社員も含めてさまざまな意見が飛び交った。

「そこで出てきたアイデアは、どれもすごい資金がいるとか、深い研究が不可欠ということではなくて、頑張って注力すればできる、というものばかり。〝人がいなくて新しいチャレンジができないな〟とウズウズしていたところに道が見えて、前に進むイメージが持てたことは大きい。このタイミングで小林さんを採用したのは正解でした」(守屋社長)

次ページ小林さんの入社の決め手は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT