ホンダ2代目フリード「6年目での一部改良」の全貌 グレード集約&特別仕様車でラストスパートへ

印刷
A
A
特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」(写真:本田技研工業)

トヨタ「シエンタ」とコンパクトミニバン市場を二分するホンダ「フリード」が、2022年6月23日に一部改良を実施した。

外観などデザイン上の変化は少ない地味な改良だが、このタイミングでの一部改良には大きな意味があると言える。なぜなら、フリードとして2代目にあたる現行型のデビューは2016年と古く、フルモデルチェンジを実施してもおかしくないタイミングだからだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

さらに今回の一部改良では、「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」という追加モデルもある。このタイミングでの一部改良と追加モデルの設定は、この先、少なくとも1年はフルモデルチェンジを行わず、継続販売することを意味しているだろう。

ちなみに、フリードが改良を行うのはコンプリートモデルの「Modulo X」を除くと2019年10月以来だ。実はこの3年近くの間、一部改良はおろか、限定車や特別仕様車も発売していなかった。ライバルであるシエンタが毎年のように、改良やグレード追加などを行っているのとは対照的だ。

今回の一部改良では、何が行われたのだろうか。「マイナーチェンジ」ではなく「一部改良」とされたように変更点は少ないが、フリードの購入を検討している人にとってはうれしい変更といえるだろう。

人気のアイテムを標準装備に

基本的な装備は従来どおりで、新たに運転席/助手席シートヒーターと、親水/ヒーテッドドアミラー、フロントドア撥水ガラス、熱線入りフロントウインドウからなるコンフォートビューパッケージ、ロールサンシェードが標準装備に。

シート表皮が、撥水撥油加工が施された「FABTECT(ファブテクト)」という素材に変更されている。FABTECTは、2020年から「オデッセイ」や「ステップワゴン」に採用されてきた素材だ。また、ボディカラーが最新のホンダ車にあわせるように変更されている。

新色として設定されたのは3色で、「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」は「シビック」などに採用済みのカラー、「フィヨルドミスト・パール」「トワイライトミストブラック・パール」は、新型ステップワゴンで登場したカラーだ。

次ページ写真で見る全バリエーション
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT