富士重が今期業績予想を上方修正

円安と北米販売好調が追い風に

 2月4日、富士重工業は2015年3月期の連結業績予想を上方修正したと発表した。富士重の自動車のロゴマーク。先月撮影(2015年 ロイター/Yves Herman)

[東京 4日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は4日、2015年3月期の連結業績予想を上方修正したと発表した。北米での販売好調や円安効果が寄与する。売上高、営業利益、純利益いずれも過去最高を見込んでいた従来見通しをさらに引き上げる。

今期の営業利益は前期比25.6%増の4100億円となる見通しで、従来予想の3820億円から引き上げた。トムソン・ロイターの調査がまとめたアナリスト23人による予測平均値は4280億円だった。

今期の想定為替レートは、1ドル=108円(従来は104円)、1ユーロ=140円(同137円)に円安方向に見直した。為替の影響により、計画に対して528億円今期の営業利益を押し上げる。

今期の売上高予想は前期比18.3%増の2兆8500億円(同2兆7800億円)、純利益予想は同22.4%増の2530億円(同2410億円)。

今期の米国販売計画も52万7300台(従来は51万3200台)、カナダは4万2200台(同4万0700台)にそれぞれ上方修正した。

一方、世界全体での今期販売計画は90万6100台(従来は90万9400台)に下方修正した。ロシアを1万2600台(同1万8700台)、中国を5万3800台(同6万台)、国内を16万1300台(従来は16万6500台)に引き下げた。

(白木真紀 編集:吉瀬邦彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT