IT業界では、“ツキの村上”で有名です--村上憲郎・グーグル日本法人元社長/前名誉会長(第3回)

IT業界では、“ツキの村上”で有名です--村上憲郎・グーグル日本法人元社長/前名誉会長(第3回)

--外資系企業のトップが心得ておくべきことや、リーダーシップのコツを教えてください。

日本における外資系企業の多くは間接販売であり、代理店のお力添えがあって何とかやっていけるわけです。

戦略を考えるといっても選択の幅はそう広くはなく、外資系企業のトップは、代理店をどうポジショニングして市場にアクセスしていくかという代理店戦略がいちばん大切になります。楽といえば楽ですが、代理店戦略でうまくいっていると必ずと言っていいほど本社から「ダイレクトをやれ」と言われるんですよね。

外資系企業のトップの皆さんはそのことで悩んでいる場合が多い。日米の間を埋めてくれている代理店がいてやっと成功があるんだということを、いかに本社に理解してもらえるかが大切になってきます。

社内におけるリーダーシップに関しては、原理原則に基づいて自分が信じていることを言うしかありません。ご機嫌を取るためにおいしい話をするのはいけません。できもしないカラ約束をしたり嘘を言ってはダメです。

エグゼクティブといわれる人種は、「この会社が今こういう状況にあるので、こうしてください」と依頼されて引き受けるものです。社員にも率直に今置かれている状況を語るしかありません。

そもそも外資系企業のトップは、海外本社に対しては日本の代表として本社が歓迎しないことも言わなければいけないし、逆に日本には本社の意向をそれなりに伝えなければいけません。

両者から責められる立場になる覚悟も必要です。

--もともと経営者になりたいという思いがあったのでしょうか。

経営者になりたいとは思っていませんでしたね。単なる上昇志向でもなければ、預貯金が増えていくのを楽しみに生きるようなタイプでもありません。そもそも計画的ではないんです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。