いつまで続く?大阪梅田「駅前大改造計画」の行方 「うめきた」以外に再開発、万博後も終わらない

印刷
A
A

さらに大阪駅の東側では、阪急大阪梅田駅と直結する大阪新阪急ホテル・阪急ターミナルビルの建て替えと、阪急三番街の全面改修の計画がある。阪急阪神ホールディングス(HD)は5月20日に発表した2040年に向けた「長期ビジョン」にこれらの「芝⽥1丁⽬計画」を盛り込んだ。近隣に2019年、「ホテル阪急レスパイア大阪」が開業していることもあり、新阪急ホテルは2024年度末ごろに営業を終了することがすでに決まっている。

着工や完成の時期は未定だが、長期ビジョンでは、芝田1丁目計画やなにわ筋連絡線・新大阪連絡線などの大規模プロジェクトに関連して「2030年度の時点ではまだ道半ば」、「それらの本格的な利益貢献が期待できる2035〜2040年頃」という表現を用いている。

大阪梅田駅の阪急ターミナルビル(記者撮影)

阪急三番街と言えば、1階の長距離バスが発着するバスターミナルや古書店街がおなじみ。紀伊国屋書店前の大型モニター「ビッグマン」は、茶屋町や赤い観覧車の「HEP FIVE」方面へ出かける若者も集う、阪急ユーザーにとって定番の待ち合わせ場所の1つだ。

阪急阪神HDとしては梅田1丁目1番地計画やうめきた2期に続く大規模プロジェクトの位置づけだ。同社広報担当者は「梅田は当社にとって重要拠点の1つ。阪急も阪神も100年以上にわたって事業活動をしてきた地なので、責任をもって開発に携わっていきたい」と話していた。

梅田の「シンボル」も建て替え

このほかにも大阪駅の南側、「ダイヤモンド地区」と呼ぶエリアの“梅田のシンボルタワー”が話題になった。大和ハウス工業と大阪マルビルは5月13日、円筒状の外観が目を引く「大阪マルビル」の建て替え計画を発表した。

大阪マルビルも建て替えが決まった(記者撮影)

現在の建物は1976年の完成、地上30階、高さが約123mある。屋上には「回る掲示板」も設置されていた。地上に近い壁面の緑化は安藤忠雄氏の提案による。中上層部は阪急阪神第一ホテルグループの「大阪第一ホテル」で、低層部と地下にレストランや物販の店舗が入っており、2022年1月までタワーレコードがあった。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

建て替えに伴い、ホテルは2023年3月末で営業を終了する。同年夏ごろに解体を開始し、2030年春にホテルや多目的のホール、オフィスからなる、現在よりも高層化したビルが誕生する予定だ。2025年の万博開催期間中は、バスターミナルとして敷地を提供、仮設の待合スペースやバスの待機場などを設けて会場アクセスをサポートするという。

久しぶりに梅田を訪れてみたら、風景が一変していて戸惑った――。こうした経験をすることがこの先何度もありそうだ。

この記事の画像を見る(40枚)
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT