フランスでも、「行き過ぎた風刺」は論点に

表現の自由は、無制限の自由ではない

――政治に何ができるか。

教育政策、都市開発政策の見直しだろう。風刺画家たちが亡くなった日の翌日、教室内で黙祷をしようとしたら、10歳の子供が自分は「私はシャルリ」ではないからそうしたくない、と言ったという。どこかがおかしい。

子供たちに平等、自由、政教分離と言った共和国の価値をもっと教えるべきだろう。自由は失って初めてそのありがたみが分かる。今こそ、じっくりとこれまでを振り返り、考えるときだ。

――テロの発生は政治の失敗と思うか。

テロはどこにでも起きる。アフリカ、イラク、シリアなどでは毎日、百人単位で人が亡くなっている。

イスラム国(IS)は世界から若者たちを集めている。推定によれば、1万5000人もの西欧諸国出身の聖戦戦士がいるという。中東諸国に出かけ、戦い、西欧に戻ってくる。西欧の市民に戦いを仕掛けようとする。これをいかに防ぐかが大きな課題だ。イスラム教のイマムたちが若者の心をつかみ、聖戦戦士にしようと洗脳するとき、これを止めるにはどうするか。こうした点に政治家は取り組まなければならない。リクルートメントは今やネット、ソーシャルメディアでどんどん進むようになっている。危機感がある。

フランス社会の連帯は保たれるのか

――今回の事件では、「私はシャルリ」とは言いたくない人、報道の自由を擁護する行進に参加したがらなかった人などがいた。フランス社会はバラバラになりつつあるのではないか。

そうは思わない。フランスには表現の自由がある。だからさまざまな声が表面化する。しかし、「アステリックス」という漫画を読んでみて欲しい。これを読むとフランスがいかに国として機能しているかが分かる。

古代欧州の小さな村が舞台だ。ローマ軍の侵攻に対し、村人たちが抵抗する。いつも喧嘩ばかりしているが、ローマ軍がやってくると一致団結する。

例えば魚屋に村人がやってきて「この魚は新鮮ではない」と文句をつける。魚屋が「どういう意味だ」と言い返し、口論になる。村人全員が集まってきて、誰もが喧嘩に加わる。漫画は最後に、全員が同じテーブルを囲み食事をする場面で終わる。フランスの社会の縮図だ。

現在のフランスもいろいろな意見が出ているが、最後には一致団結して問題を解決する。今までも、いつもそうだった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。