イスラム国は、「対岸の火」ではなくなった

これが、彼らが公開したビデオの全編だ

音量にご注意ください

映像には、黒い服を着てナイフを持った人物がオレンジ色の服を着てひざまずいた2人の男性と並んで立っている様子が映っている。

覆面をしたその男は、日本国民には、イスラム国に対する軍事行動を行っているアメリカ主導の連合への”愚かな”支援をやめるよう政府に圧力をかけるために72時間の猶予があると語った。

日本国民へもメッセージ

「それから日本国民へ。日本政府はイスラム国に対する戦いに2億ドルを払うという愚かな決断をした。お前たちには、国民の命を救うために2億ドルを支払うという賢い決断をするよう政府に圧力をかけるために72時間の猶予がある。さもなければ、このナイフがお前たちの悪夢となるだろう」と男は語っている。この男は通貨を指定していないが、アラビア語の字幕から米ドルと確認された。

映像では、2人は湯川遥菜さんと後藤健二さんであるとされている。いつ撮影されたものかは不明だが、日本の安倍晋三首相は1月17日のカイロ訪問の際に、イスラム国と戦う国々に対して非軍事分野へ2億ドルの支援を表明している。

東京では、外務省が映像の信憑性を確認中だと述べた。そして映像が本物だった場合、「このように人質をとって脅迫をするのは許しがたい。我々は非常に憤慨している」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。