有料会員限定

地政学が教える「ウクライナ侵攻」のロジック 『13歳からの地政学』著者がやさしく解説

印刷
A
A

ロシアの侵攻を理解するためには地政学を知る必要がある。「きほんのき」を徹底解説。

(写真:Ystudio/PIXTA)

特集「欧州動乱史」の他の記事を読む

地平線のかなたから土煙を上げて押し寄せてくる侵略軍。町の住民はあちこちの道にバリケードを築いて守ろうとするが、あえなく打ち破られる。男性は殺されて道端に捨てられ、女性や子どもは暴行されて連行される。あらゆる建物は破壊されてがれきにされ、放置される──。

これは最近報じられたウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊の惨劇の描写ではない。1240年にキーウを襲ったモンゴル帝国による侵略の記録だ。その際キーウは徹底的に破壊され、人口5万人の町は2000人まで減ったとされる。大陸国家ロシアの心理は、この“地平線の土煙”への恐怖がわからないと理解できない。

地政学とは何だろうか。それは同じ人間なのに生まれ落ちた土地によって出てくる行動様式の違いを考えることといえる。地理的環境が大きく変わらない限り、人間は同じ悲劇を繰り返す可能性があると知ることでもある。

ロシアの強迫観念

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内