超簡単!スパイス香る「カレーうどん」の作り方 唯一のポイントは「後入れのガラムマサラ」だけ

印刷
A
A
“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南! (写真:吉澤健太)
この記事の画像を見る(22枚)

「今日はなにかあっさりしたものが食べたい」とうどん屋へ入り、「きつね」か「ぶっかけ」か……なんて悩んでいるところへ、隣の人が頼んだ「カレーうどん」が運ばれてきた、と思し召せ。そのスパイスの香りに、つい「こっちもカレーうどん」と頼んでしまった経験、ないですか? ありますよね? カレーの香りはそれほど破壊的。いったん「カレー食べたい」となったらもう抗えません。でもそういえば、カレーうどんって自分で作ったことはないなぁ。

「カレーうどん」を作ってみよう!

「カレーうどんは難しくないですよ」と、野本やすゆきさん。

本記事はLEON.JPの提供記事です

「いちばん簡単なのは、カレーを作った翌日に、残りを出汁で伸ばし、めんつゆなどで味付けする方法。でもせっかくですからイチから作ってみましょうか。ポイントはスパイスを入れるタイミングです」

以前、本連載では「初めてのスパイスカレー」の作り方をご紹介していますので、翌日のカレーを使いたい方はそちらをお読みいただくとして、今回は丁寧に最初から作るカレーうどんのレシピを教えていただきましょう!

材料(2人分)

うどん     2玉
出汁     800ml
しょうゆ   80ml
みりん    80ml

玉ねぎ     1個 薄切り
鶏もも肉    150g 小さめのひと口大
油揚げ     1枚 1cm幅に切る
カレー粉    大さじ2
ガラムマサラ  小さじ1
片栗粉     適量
水       適量
わけぎ     適量 斜め切り
(写真:吉澤健太)

「基本的にはあっさりめのカレーを作り、ゆでたうどんにかけるだけ。でもスパイスの香りが飛びやすいので、ガラムマサラを食べる直前に加えるのが、今回唯一のポイントなんです」

おっと、のっけから結論が出ちゃいました。では、びっくりするほど簡単な「カレーうどん」の作り方を順を追ってご説明してまいりましょう。

次ページまずは材料の下準備から
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT