3メガのアジア競争、個人取引で三菱先陣

アジア戦略を加速させるが、3行に温度差

三井住友銀行(SMBC)もアジアでの個人取引拡充を課題に掲げる。SMBCは14年5月、「アジアでのマルチフランチャイズ戦略の加速」を、中期経営計画の重点テーマとした。企業取引だけではなく、個人も含めたマルチな顧客層にアプローチしていくという戦略だ。

特にインドネシアには約1500億円、40%を出資している年金貯蓄銀行BTPNがある。ここを通じて「個人のマス層の取引を拡充していく」(SMBC新興国戦略本部の大谷賢紀・調査・企画グループ長)考えだ。ただ、BTPNの貸出金の8割は年金受給者向けローンという、他国にはあまりない特殊なもの。公務員、退役軍人、国営企業従業員の公的年金を担保に、融資している。資金使途としては、実際には年金受給者の子どもが商売を行うための資金など、事業性融資も少なくないという。また、BTPNへの出資は4割にとどまる。現状、SMBCが行っているサポートは資金調達ぐらい。国際金融公社(IFC)と協力して、低利で資金調達できるよう支援している。一緒になって個人向け営業をしているという状況ではない。

インドネシアとともにマルチフランチャイズ戦略を展開し、個人取引の拡充を進めようとしているのがベトナムだ。エグジムバンクに約230億円、15%出資している。日本の住宅ローン担当者をエグジムバンクに派遣し、ベトナム人のニーズに合うようカスタマイズして、住宅ローンを強化している。

みずほは企業取引中心

一方、みずほ銀行がアジアでの個人取引拡充に取り組むのは、まだ先になりそうだ。いま力を入れているのは日系企業と非日系現地企業との取引拡大。10年度から「スーパー30戦略」を掲げ、米州・欧州・東アジア・アジアオセアニアの4地域それぞれで、非日系の主要約30企業集団を選定。アジアでもタタグループなどの大手に対し、経営トップとのリレーションを構築し預金獲得などの目標を定め、営業を強化している。

アジアでのネットワーク充実は「現地拠点の設置と現地銀行との提携の組み合わせが中心」(みずほ銀行の国際業務部)。銀行出資はベトナム、韓国、中国での3社のみで、いずれも15%以下。「出資の機会があるか、出資がわれわれの戦略に合っているかを、その都度考えていく」(同)。

タイでは14年11月、タイ最大の営業拠点網を持つサイアム商業銀行と提携した。同行が邦銀と提携するのは今回が初。出資の機会をうかがいつつも、足元では拠点設置と提携でアジアのネットワークを強化しているのがみずほだ。

貸出金利が下げ止まらず、国内収益の低迷が続くメガバンク。成長を狙ってアジア進出を進めるが、その方向性は三行三様だ。個人取引にいち早く深入りしたBTMUに一日の長があるが、まだ緒についたばかり。今年はさらなるアジア展開の動きが加速することになるだろう。

(「週刊東洋経済」2015年1月24日号<1月19日発売>掲載の「核心リポート02」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。