高層マンション症候群(シンドローム) 白石拓著

高層マンション症候群(シンドローム) 白石拓著

高い流産率のデータが公表された高層階居住。「空中都市」に住むことが、心身の健康にどれほどのストレスやリスクを及ぼしているのか、最新の研究をベースに明らかにしようとする。

データによれば、流産率ばかりでなく、出生児の体重が重く、かつ帝王切開などの率も高まる。それも居住年数が長い、あるいは高齢出産において顕著な関係があるという。また高層階に暮らすと、外出回数が減ることなどから、親離れをしない「高度平気症」の子どもも多くなるという。

身を守るには「妊婦や子育て家庭は高層階に住まないほうがよい」わけだが、こうした疫学研究が盛んなアメリカでの研究の引用がないことに、どうしても不満が残る。

祥伝社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。