高層マンション症候群(シンドローム) 白石拓著

高層マンション症候群(シンドローム) 白石拓著

高い流産率のデータが公表された高層階居住。「空中都市」に住むことが、心身の健康にどれほどのストレスやリスクを及ぼしているのか、最新の研究をベースに明らかにしようとする。

データによれば、流産率ばかりでなく、出生児の体重が重く、かつ帝王切開などの率も高まる。それも居住年数が長い、あるいは高齢出産において顕著な関係があるという。また高層階に暮らすと、外出回数が減ることなどから、親離れをしない「高度平気症」の子どもも多くなるという。

身を守るには「妊婦や子育て家庭は高層階に住まないほうがよい」わけだが、こうした疫学研究が盛んなアメリカでの研究の引用がないことに、どうしても不満が残る。

祥伝社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。