日米同盟vs.中国・北朝鮮 R・アーミテージ、J・ナイ、春原剛著

日米同盟vs.中国・北朝鮮 R・アーミテージ、J・ナイ、春原剛著

ブッシュ政権で国務副長官を務めたアーミテージ氏と、カーター政権で国務次官補、クリントン政権で国防次官補を務めたナイ氏に、日米同盟をめぐるもろもろの課題や歴史、問題点を、日本人記者が問いただす。

事あるごとに日本を牽制してくる中国、核開発をやめない北朝鮮、北方領土問題で一歩も引かないロシア、アメリカとの親密度を高める韓国。これら周辺諸国とのパワーゲームで明らかに弱腰の日本は、アジア太平洋地域においてその存在感をますます失いつつある。こうした状況の中で、日米同盟をどう発展させるのか、あるいは独立・自立の道はあるのかなど、米国政府の中枢にいた人物ならではの国防論が語られている。

文春新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。