日米同盟vs.中国・北朝鮮 R・アーミテージ、J・ナイ、春原剛著

日米同盟vs.中国・北朝鮮 R・アーミテージ、J・ナイ、春原剛著

ブッシュ政権で国務副長官を務めたアーミテージ氏と、カーター政権で国務次官補、クリントン政権で国防次官補を務めたナイ氏に、日米同盟をめぐるもろもろの課題や歴史、問題点を、日本人記者が問いただす。

事あるごとに日本を牽制してくる中国、核開発をやめない北朝鮮、北方領土問題で一歩も引かないロシア、アメリカとの親密度を高める韓国。これら周辺諸国とのパワーゲームで明らかに弱腰の日本は、アジア太平洋地域においてその存在感をますます失いつつある。こうした状況の中で、日米同盟をどう発展させるのか、あるいは独立・自立の道はあるのかなど、米国政府の中枢にいた人物ならではの国防論が語られている。

文春新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT