結婚式、最近トレンドの「共有婚」って何?

招待客が減り、費用は減少傾向へ

一方、北海道は192.3万円と極端に低い。これは、北海道ではご祝儀制ではなく、会費制が敷かれているためだ。招待客は披露宴の招待状に明記されている会費(1万5000円程度)を支払う。すべてではないにせよ、会費によって結婚式費用が賄われている。

結婚式のトレンドは社会的背景に合わせて10年程度の周期で変化している。1980年代後半のバブル期は、「派手婚」がはやり、バブルが崩壊した1990年代以降は一転、「地味婚」ブームになった。2000年代に入ると、一軒家のようなゲストハウスに招待客を呼ぶ「アットホーム婚」が人気となる。

友人が準備段階から手伝う

そして現在の2010年代は、業界からの仕掛けもあり、「アットハート婚(つながり婚)」が支持されている。2011年の東日本大震災でも人々の絆が見直されたが、披露宴の意味合いが、かつての新郎新婦お披露目の場から、家族や招待客に感謝を伝える場に変化している。招待客へのおもてなしの気持ちの表れから、料理にもこだわる傾向が強くなっている。

特に2012年以降は「アットハート婚」の流れをくんだ「シェアド婚(共有婚)」が最新のトレンドとなっている。招待客も主役の二人と一体になって披露宴を楽しみ、幸せを皆で共有していくというものだ。新郎新婦と招待客という構図ではなく、「皆が放射線状につながる」(田中所長)イメージだという。

シェアド婚では、披露宴を準備する段階から友人が手伝う。サプライズ映像や全員参加型ゲームで、両親や友人との絆を深め、感動を共有する。友人が参加するのは余興のみ、という結婚式の姿は昔のものになりつつある。

(「週刊東洋経済」2015年1月17日号<1月13日発売>の「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
名門ホテル激変<br>高級化路線の成否

9月12日、ジ・オークラ・トーキョーが開業した。4年の歳月と建て替え総工費約1100億円をかけ、世界のラグジュアリーホテルに伍して戦える施設に生まれ変わった。パレスホテルなどの成功例も加え、日本のグランドホテルの未来を占う。