4月前半なのに東北で30℃超「夏の暑さ」になった訳 東北で全国初の真夏日、東京で今年初の夏日

印刷
A
A
油断していると熱中症になることもありえます(写真:Ushico/PIXTA)

4月前半とは思えないような暑さに見舞われた日本列島。4月10日には東京で26.8℃を観測し、今年初めて最高気温25℃以上の夏日になりました。

そして、翌4月11日には岩手県で最高気温30℃以上の真夏日を観測。全国で今年初めての真夏日です。

4月にもかかわらず初夏を通り越して夏のような暑さになった理由、そして注意点や今後の見通しを解説します。

岩手では桜開花の前に真夏日に

4月10日は、全国に気温が上がり、335地点で25℃以上の夏日が続出しました。

(外部配信先では天気図をはじめとする画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

【4月10日の最高気温】

オレンジ色の地点が25℃以上になったところで、東北から沖縄で観測されています。最も気温が上がったのは、加計(広島県)29.0℃でした。

翌4月11日は、岩手県の6地点(宮古、山田、釜石、小本、岩泉、久慈)で最高気温30℃以上、岩手では桜の開花が発表される前に真夏日が観測されたのです。そして、東北から沖縄の254地点で夏日になりました。

【4月11日の最高気温】

赤色の地点が30℃以上になったところです。岩手県の中でも、特に沿岸で気温が高くなったことがわかります。

全国でいちばん高い気温になったのは、宮古(岩手県)31.0℃でした。宮古では観測史上最も早い真夏日で、4月としては歴代2番目の高さです。昨年、宮古で初めて真夏日になったのは6月11日だったので、今年は2カ月も早いのです。

そのほかの5地点(山田、釜石、小本、岩泉、久慈、いずれも岩手県)も、4月としては記録的な暑さになりました。

さらに、4月12日には神岡(岐阜県)で30.5℃を観測して真夏日に。東京は25.6℃で、今年2回目の夏日になりました。

次ページ4月12日は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT