原田知世「50代はいいなぁ」と心から思える理由 興味を持ったことを後回ししない大切さを実感

印刷
A
A
原田知世「何でもない日を、ちょっと特別な楽しい日に変えるには……」(写真:岸本咲子)
この記事の画像を見る(6枚)
デビュー40周年を迎えた今も、奇跡のような美しさと透明感を保ち続け、ますます魅力的に輝いている原田知世さん。50代になって、これまで以上に日々を楽しみながらシンプルに生きているという、その暮らしぶりの秘密に迫りました。(文/浜野雪江 写真/岸本咲子 ヘアメイク&スタイリング/藤川智美(Figue))

現在や未来を感じさせるアルバムに

1982年のデビューから、今年で芸能生活40周年を迎えた原田知世さん。演じることと、歌うことをマイペースに両立し、昨年は、映画『あなたの番です 劇場版』や、人気漫画を実写化したドラマ「スナック キズツキ」に主演し、大きな反響を呼びました。

本記事はLEON.JPの提供記事です

後編(前編はこちら)では、3月23日にリリースするデビュー40周年記念オリジナル・アルバム「fruitful days」のことに加え、50代を軽やかに生きるコツや、原田さんが思うカッコイイ大人について聞きました。

──「fruitful days」は、40周年記念アルバムということで、どんな作品にしようと思って取り組まれましたか?

原田まずはこの“周年”というのは、応援してくださっているファンの方にお返しする1年だということを、迎えるたびに思っています。そして、メモリアルな時ではあるので、思い出深い曲も入れたり、ご縁の深い方にも参加して欲しいなと。でも、懐古的になりすぎず、現在(いま)やこれから先の未来を感じさせるものにしたいと思いました。

ですので、今回は、川谷絵音さんや網守将平さんという、私よりも世代の若い方とのコラボレーションもやってみたかったことです。

──川谷さんは、先行シングル「ヴァイオレット」の作詞・作曲をされていますが、川谷さんの世界観には、何かシンパシーを感じていらしたのですか?

原田川谷さんは、いろんなバンドをやってらっしゃいますが、その中でindigo la End(インディゴ ラ エンド)の、川谷さんの曲や世界観がもともと好きでした。ですので、そのイメージで曲を書いてもらえたらうれしいなと思って、ちょっとトライしてみたいという気持ちでお願いしました。

(写真:岸本咲子)
次ページ10代でカヴァーした曲も新カヴァーで収録
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT