日本も影響、世銀が15・16年見通し引き下げ

世界経済は減速傾向が鮮明に

 1月13日、世界銀行は経済見通しで、2015、16年の世界経済の成長率見通しをともに引き下げた。都内で昨年11月撮影(2015年 ロイター/ISSEI KATO)

[ワシントン 13日 ロイター] - 世界銀行は13日公表した経済見通しで、2015、16年の世界経済の成長率見通しをともに引き下げた。ユーロ圏や日本、一部の主要新興国の見通しが弱く、原油安による恩恵が相殺されるとの見方を示した。

2015年の成長率予想は3%とし、昨年6月時点の3.4%から下方修正。16年についても従来予想の3.5%から3.3%に引き下げた。

2017年については3.2%に減速すると見込む。

世銀は米国と英国の成長見通しが堅調となる一方、ユーロ圏や日本といったその他の先進国・地域が引き続き景気停滞やデフレ懸念に直面するとした。

世銀チーフエコノミストのカウシク・バス氏は記者団に対し、「世界経済は米国という単一のエンジンで動いている」と指摘。「これでは世界にとって明るい見通しとはならない」と述べた。

新興国では、景気が減速する中国のほか、特にブラジルとロシアが世界経済見通しの重しとなった。バス氏はインドの経済成長率について、中国の2016年の成長率に追い付き、17年に7%前後に達するとの見方を示した。

世銀は原油安について、原油輸入国の経済を押し上げるため、世界経済にとっては差し引きでプラスの影響を及ぼすとした。

ただ、年内の原油相場は低水準にとどまると予想する一方、プラスの影響が経済成長見通しに反映されるまで数年かかるとしたほか、短期的に市場のボラティリティーを高め、シェールオイルといった非伝統的オイル向けの投資を抑制するとの見方を示した。

そのため、原油安による今年の世界経済見通しに対する押し上げ効果は0.1%ポイントにとどまるとした。

また、原油安は世界的にインフレ率を抑制しかねない。バス氏は、デフレ懸念がさえない世界経済見通しや米国賃金と相まって、米利上げを予想よりもゆっくりと進ませる可能性があると述べた。

*内容を追加します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT