有料会員限定

「脱炭素でコンビナートは変わる」 インタビュー/国際大学 副学長 橘川武郎

印刷
A
A
きっかわ・たけお 1951年生まれ。東京大学、一橋大学、東京理科大学などの教授を経て2021年から現職。川崎カーボンニュートラルコンビナート検討会議座長を務める。(撮影:尾形文繁)

特集「工場が消える」の他の記事を読む

窮地に追い込まれる石油・化学産業。その生きる道を、川崎カーボンニュートラルコンビナート検討会議の座長を務める橘川武郎・国際大学副学長に聞いた。

──石油産業が縮小しています。

現在、閉鎖が決まったENEOS和歌山製油所を含めて全国には日量約350万バレルの石油精製設備がある。大手元売り3社は、これを90万バレルくらい減らし260万バレル程度にする方向で考えているようだ。

一方で(石油化学製品の材料になる)エチレンの製造は今でも90%以上の稼働率が続いている。昨年国が作ったエネルギー基本計画でも、2030年のエチレン生産量は570万トンと減らない想定だ。これには、中国で増産が進んでいないなど国際的な要因がある。石油精製量が減っても、エチレンの原料のナフサを輸入すれば生産量維持は可能だ。

──コンビナートが生き残る条件は何でしょうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内