有料会員限定

脱エンジン最前線の試練 自動車|EV化が揺るがす国内生産

印刷
A
A

日本のものづくりの象徴であった、濃密な取引関係に変化が生じている。

脱エンジンへ 生き残りを図る町工場

「ものづくりの原点が消えてしまう」──。2021年6月にホンダ(本田技研工業)が発表した内容に、栃木県真岡(もおか)市の経済界や取引先の間に衝撃が走った。市内でホンダが4輪車向けエンジン部品を製造する「パワートレインユニット製造部」での生産を25年中に終えるというものだ。

ホンダは現在、販売する新車を40年までにすべて電気自動車(EV)か燃料電池車(FCV)にする脱エンジン目標を掲げ、事業転換を急いでいる。真岡市内の取引先などには、エンジン車からの撤退や海外生産比率の上昇による国内生産体制の見直しを、工場閉鎖の理由として説明しているという。ホンダは、勤務している900人の従業員について国内の拠点に配置転換する方針だ。

2025年に閉鎖する真岡市のホンダ工場。エンジン部品専門の工場であるパワートレインユニット製造部

特集「工場が消える」の他の記事を読む

EVシフトは死活問題

「数年前から部品メーカーの間で話は出ていたので(閉鎖の)予想はしていたが、より早まったなというのが率直な受け止めだ」。エンジン部品の生産設備などを主力とするアオキシンテック(真岡市)の青木圭太CEOはそう語る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内