有料会員限定

原点の“小屋"移設 日立の選択 事業売却でかつての本拠地も放出

印刷
A
A

2009年のリーマンショック直後に国内製造業として過去最悪の7873億円もの最終赤字を出した日立製作所。多くのグループ企業を売却し、代わりに欧米のIT企業を買収するなど事業ポートフォリオの入れ替えを進めた。そのかいあって業績も回復。小島啓二社長は「基礎工事はこれまでの10年で完了した」と語り、今後の成長への自信を深める。

一方、日立にとって重要な施設が、21年11月に移設された。創業者の小平浪平氏が最初の製品、5馬力誘導電動機(モーター)を製造した「創業小屋」だ。日立が保有するゴルフ場の隣に開設した展示施設「日立オリジンパーク」に移設。一般開放され、同社の歴史を学ぶことができる。

5馬力誘導電動機を前に説明する日立の東原敏昭会長

特集「工場が消える」の他の記事を読む

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内