有料会員限定

日の丸テレビ敗戦が示す教訓 デジタル化の波に沈む

印刷
A
A

国内生産は消滅、市場での存在感も失ったテレビが示唆することは。

2010年ごろには各社が3Dテレビを投入。復権を目指したがかなわず(撮影:梅谷秀司)

特集「工場が消える」の他の記事を読む

かつては3Dテレビも開発

日本の製造業、日本経済の凋落の象徴といえば、電機大手であり、製品としてはテレビといっても異論は少ないだろう。

昨年9月、かつてテレビ生産で東洋一とうたわれた東芝の深谷事業所(埼玉)が閉鎖された。もっとも生産は2012年に終了済み。テレビの国内生産は、12年に日立製作所、18年にシャープ、21年にはパナソニックが撤退している。

国内生産終了にとどまらずテレビ事業から撤退した企業も多い。東芝は17年に中国企業へ売却、日立は18年に終了。三菱電機は昨年撤退を発表している。世界的に気を吐いているのはソニーだけ。そのソニーも長く事業赤字に苦しんだ。近年は黒字化したが、国内生産は1カ所しか残していない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内