有料会員限定

ブラック職場で志願者減 はじける医学部バブル

印刷
A
A

ワーク・ライフ・バランスを重視する若者世代は、医師の過酷な道から遠ざかる。

(Fast&Slow / PIXTA)

特集「病院サバイバル」の他の記事を読む

「2022年は医学部の志願者数がさらに減るかもしれない」。こう話すのは医学部受験の専門予備校、メルリックス学院の鈴村倫衣学院長だ。

同校がまとめた1月時点の医学部志願者数(公表している私立10大学を集計)は前年比8%減。1月時点なのですべての入試が終わる3月まで志願者数は確定しないが、現段階の数字は受験者の傾向を読む先行指標となる。

医学部の人気はここ数年、じりじりと下がり続けている。私立大医学部の志願者数は18年の11万2275人をピークに、昨年は9万4496人にまで減った。10万人を下回るのは13年以来だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内