有料会員限定

医学部入試「地域枠」の不条理 高額違約金で年季奉公を強要

印刷
A
A
山梨大学の地域枠出願時の誓約書。違反時の不利益な取り扱いが並ぶ

特集「病院サバイバル」の他の記事を読む

医学部入試の地域枠制度は、僻地の医師不足を解消する目的でつくられた。だが、高額の奨学金支給と引き換えに、指定された地域で長期間働くことを義務づける「年季奉公」の現状に、医学生たちが苦しめられている。

山梨大学医学部に在籍する男性は、「親にお金のことで心配をかけたくない」という理由から、地元の山梨大へ進学した。山梨大は、県内出身者に限られた前期の地域枠入試と、後期の一般入試しかない。そのため、県内出身者なら前期の地域枠を受験しない手はない。

この地域枠での入学は、県から6年間で936万円の奨学金を借りることが必須条件だ。返済免除の要件は、県内の指定された病院に9年間勤務すること。だが、途中で離脱すれば、年10%の利息をつけて返さなければならない。

さらに山梨県では、2021年度の入学者から、離脱に対する違約金(最大842万円)が全国で初めて導入された。離脱すれば、利息と合わせて最大2430万円の一括返済を求められる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内