アラサーのための戦略的「人生相談」--どうすれば、プレゼン上手になれますか?(その2)


 「もって他山の石とすべし」。「他人のフリ見て、わがフリ直せ」と、昔から言うでしょう。ここで私たちが批判している彼らだって、若い頃はそう思っていたはすなんです。しかし、その思いが実になっていない。

それはなぜか? もうわかったでしょう。「自己客観化」ができていないからですよ。(実際は、そうした人間の中には、「自分が迷惑な存在である」ことをうっすらと認識している人もいます。しかし、そういう事実はそれに気がつきたくないんですね。そして、そういう人は「おだて」や「ゴマすり」の弱い。自分が不安だから、周りからのお世辞にしがみつきたいんでしょうねえ。かわいそうに……)

プレゼン力や、コミュニケーション力をつけるには、「内容」と「プレゼンのスキル」の両方が伴わないといけません。どんなにプレゼンのスキルを磨こうと、あなた自身にちゃんとした内容がなければ有効ではないですし、第一、むなしいでしょう。これは、プレゼンに限らず、すべての能力に言えることです。

結局、「人間力」のない人間が、いくらプレゼンのスキルを磨いても、いつかメッキは剥がれます。メッキしてから剥がれると、最初からメッキしていないものよりも醜く見えますから、余計に哀れです。

ですので、おススメするのは、「人間力」を磨くために、つねに自己を客観的に把握するように心掛けることです。これによって、スキルの身に付き方が、格段に向上します。これ保証しますよ。


ひろせ・いちろう
 1955年生まれ。東京大学法学部卒業。80年、電通入社。トヨタカップを含め、サッカーを中心としたスポーツ・イベントのプロデュースを多数手掛ける。2000年に電通を退社し、スポーツ・ナビゲーションを設立。その後、独立行政法人経済産業研究所の上席研究員を経て、04年にスポーツ総合研究所を設立し、所長就任。江戸川大学社会学部教授を経て、多摩大学の教授として「スポーツビジネス」「スポーツマンシップ」を担当。著書に『Jリーグのマネジメント』『スポーツマンシップ立国論』など。現在東京と大阪でスポーツマネジメントスクールを主宰し、若手スポーツビジネスマンを育成している。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT