アラサーのための戦略的「人生相談」--どうすれば、プレゼン上手になれますか?(その2)


 「もって他山の石とすべし」。「他人のフリ見て、わがフリ直せ」と、昔から言うでしょう。ここで私たちが批判している彼らだって、若い頃はそう思っていたはすなんです。しかし、その思いが実になっていない。

それはなぜか? もうわかったでしょう。「自己客観化」ができていないからですよ。(実際は、そうした人間の中には、「自分が迷惑な存在である」ことをうっすらと認識している人もいます。しかし、そういう事実はそれに気がつきたくないんですね。そして、そういう人は「おだて」や「ゴマすり」の弱い。自分が不安だから、周りからのお世辞にしがみつきたいんでしょうねえ。かわいそうに……)

プレゼン力や、コミュニケーション力をつけるには、「内容」と「プレゼンのスキル」の両方が伴わないといけません。どんなにプレゼンのスキルを磨こうと、あなた自身にちゃんとした内容がなければ有効ではないですし、第一、むなしいでしょう。これは、プレゼンに限らず、すべての能力に言えることです。

結局、「人間力」のない人間が、いくらプレゼンのスキルを磨いても、いつかメッキは剥がれます。メッキしてから剥がれると、最初からメッキしていないものよりも醜く見えますから、余計に哀れです。

ですので、おススメするのは、「人間力」を磨くために、つねに自己を客観的に把握するように心掛けることです。これによって、スキルの身に付き方が、格段に向上します。これ保証しますよ。


ひろせ・いちろう
 1955年生まれ。東京大学法学部卒業。80年、電通入社。トヨタカップを含め、サッカーを中心としたスポーツ・イベントのプロデュースを多数手掛ける。2000年に電通を退社し、スポーツ・ナビゲーションを設立。その後、独立行政法人経済産業研究所の上席研究員を経て、04年にスポーツ総合研究所を設立し、所長就任。江戸川大学社会学部教授を経て、多摩大学の教授として「スポーツビジネス」「スポーツマンシップ」を担当。著書に『Jリーグのマネジメント』『スポーツマンシップ立国論』など。現在東京と大阪でスポーツマネジメントスクールを主宰し、若手スポーツビジネスマンを育成している。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。