アラサーのための戦略的「人生相談」--どうすれば、プレゼン上手になれますか?(その2)


 ルールを破って、ズルをしてでも勝とうとするのも、同じようにまったく無意味です。嘘だと思ったら、一度「ルールは守らなくてもいい」という前提でゲームをしてみてください。絶対に10分も持たずに楽しくなくなりますから。

にもかかわらず、実際に勝利至上主義が横行しているのは、なぜだと思いますか。それは「自己客観化」できていない人が世の中に大勢いるからです。

会社でもっとも迷惑千万な人

世の中の人を、「能力」と「やる気」という2つの評価軸で分けてみると、余計にはっきり見えてきます。X軸を「能力」、Y軸を「やる気」として平面グラフで表してみます。

「使える人間」というのは、言うまでもなく「能力」と「やる気」を兼ね備えた(+、+)の第1象限にいる人です。

では、世の中で最も迷惑な人はその反対の(−、−)の第3象限だと思いますか? 違うんですよ。正解は、(−、+)の第2象限、つまり「能力」がないのに「やる気」のある人なんですね。

これにもう一つZ軸として「権限」を加えると、一層はっきりします。(−、+、+)つまり、「能力」がないのに、「やる気」があって、「権限」を持っている人。もう最悪ですね。迷惑千万です。

何が最悪かというと、自分の能力を把握していないからです。周りの迷惑に気がついていない。失敗しても、「ここでやめるのは簡単だ。私は最後まで頑張る」なんて言ってしまう。
 
 「違うよ。あなただから失敗しているんですよ。今、あなたができる最高の貢献は、やめることなのに……」なんて言いたくなりませんか? 「あなた」って誰?なんて聞かないでくださいよ。こんなところで、言えるわけないじゃないですか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。