アラサーのための戦略的「人生相談」--どうすれば、プレゼン上手になれますか?(その2)


 プレゼンに当てはめれば、話している自分を外から評価する視点です。この視点を持てれば、パニックに陥ることを防げるだけではなく、話に「説得力」が増します。自分と他者のやり取りを、外から観察することができれば、相手の真意を酌むことができるからです。相手の真意を酌むことがないかぎり、プレゼンはうまく行きません。

勝利至上主義が横行するワケ

「スポーツマンシップ」とは、この「事態を客観的に見る」という能力を含んだものです。よく知られている「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉は、事態を客観的に把握せよ、ということにほかなりません。自分の戦力と、ゲームで立ち向かう相手の戦力を把握しなければ、戦略の立てようがありません。

スポーツマンシップは「尊重(Respect)する能力」とよく言われます。たとえば、スポーツをすることは確かに楽しいのですが、「楽しんだり、勝利を目指している自分」を客観的に把握しないと、スポーツを尊重することはできません。尊重できなければスポーツマンではありません。

勝利至上主義がなぜスポーツマンシップにもとるかというと、スポーツの価値を理解していない、つまり「尊重」していないからです。「勝利するのがなぜ楽しいのか?」と言えば、ルールにのっとり良いゲームをするからです。

では、いいゲームは自分たちだけでできますか? 良い相手に恵まれないと、良いゲームはできません。また良い相手が、全力を尽くさなければ、同様に良いゲームはできませんし、良いゲームの中には、良い審判の存在が不可欠です。どれ一つ欠いても、「勝利の意味」は薄まります。

こういった基本的な構造を理解していれば、勝利至上主義になるはずがありません。なぜなら、自分で「勝利の価値/意味」を破壊していることになるからです。これらがウソだ、偽善だと言うなら、小学生相手にずっとゲームをしてみてください。おそらく何十連勝もするでしょう。しかし、それで楽しいわけがありません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。