有料会員限定

水素・燃料電池に死角あり 基礎研究、用途開発とも課題山積

印刷
A
A

日本のお家芸といわれる水素・燃料電池。その研究開発や実用化の苦闘に迫る。

政府が2020年12月に策定した「グリーン成長戦略」において、水素産業は「カーボンニュートラルのキーテクノロジー」に位置づけられている。

水素分野の中でも日本がリードしているのが、水素と酸素の化学反応によって電気をつくり出す燃料電池の研究開発だ。日本は、燃料電池車(FCV)や家庭用燃料電池エネファームの製品化を世界でいち早く実現している。

だが、欧州や中国の追い上げは激しく、日本の優位性に危うさが漂う。燃料電池産業の集積を進める山梨県と、東京都内の水素ステーションの取材を通じて、日本の現状と課題を検証した。

基礎研究で日本を先導

一般にはあまり知られていないが、山梨県は日本における燃料電池の研究開発の一大拠点だ。大学と行政、企業が一体となり人材育成や用途開発に取り組んでいる。

基礎研究を担うのが山梨大学だ。中でも山梨大の燃料電池ナノ材料研究センターは、電極や電解質膜などの研究における論文数や特許取得数のランキングで、国内の大学のトップを走る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
脱炭素サバイバル
脱炭素で伸びる会社はどこか
重工業|大黒柱の火力発電に強烈な逆風
商社|再エネ、水素事業に熱視線
インタビュー/三菱商事 電力ソリューショングループ CEO 中西勝也
鉄鋼|日本の鉄鋼業は生き残れるか
脱炭素戦略の勝算|JERA 社長 小野田 聡
脱炭素戦略の勝算|東京ガス 社長 内田高史
自動車|アップル・バイドゥも参入へ
自動車|基幹部品の外販とトラックが鍵
Part2 日本企業は変われるか|日本の強み・HVに「座礁資産」化のおそれ
脱炭素へ2兆ドルの巨額投資
2060年より前に実質ゼロへ
グリーン戦略の鍵は「水素」
「脱炭素」投資家の選択基準|GPIF
「脱炭素」 投資家の選択基準|ブラックロック
グリーンマネー3000兆円の奔流
2050年脱炭素戦略を問う|経済産業相 梶山弘志
基礎研究、用途開発とも課題山積
Part1 脱炭素で変わる世界|舵を切った日本、「独自モデル」は通用するか
知っておきたい10のキーワード
脱炭素サバイバル
水素、EVめぐり大乱戦
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内