脱炭素サバイバル 水素、EVめぐり大乱戦

印刷
A
A

さまざまな思惑の絡む脱炭素戦略が始動した。21世紀の産業界の大問題をわかりやすく整理する。

本誌:野村明弘、岡田広行、林 哲矢

週刊東洋経済 2021年2/6号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「脱炭素サバイバル」の他の記事を読む

21世紀の世界経済を左右するグリーン革命の号砲がついに日本でも鳴り響いた。

昨年10月、菅義偉首相は2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」を宣言。その直後から、35年までの純ガソリン車販売禁止や海外での水素プロジェクト立ち上げなど、政官財の連動したニュースが目まぐるしく登場している。

温室効果ガスの増大を放置すれば、今世紀末には世界の平均気温は産業革命前と比べ最大で3.9度上昇し、都市の水没や異常気象が頻発すると、国連環境計画は指摘。国際社会は15年のパリ協定で気温上昇を2度未満、できれば1.5度未満に抑える目標を定め、すでに124カ国が日本と同様の宣言を行っている。

これまで日本は「石炭火力発電への依存度が高く、再生可能エネルギーに消極的だ」として欧州などから批判を浴びてきた。新型コロナウイルス後の復興策として1.8兆ユーロもの資金をグリーン・デジタル分野に投じる欧州連合(EU)に続き、日本より一足早く60年の実質ゼロを打ち出した中国、バイデン政権下で方向転換した米国も急激に脱炭素化投資へ舵を切る見通しだ。日本がようやくスタートラインについたことに対し、国内外で歓迎する声が上がる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
脱炭素サバイバル
脱炭素で伸びる会社はどこか
重工業|大黒柱の火力発電に強烈な逆風
商社|再エネ、水素事業に熱視線
インタビュー/三菱商事 電力ソリューショングループ CEO 中西勝也
鉄鋼|日本の鉄鋼業は生き残れるか
脱炭素戦略の勝算|JERA 社長 小野田 聡
脱炭素戦略の勝算|東京ガス 社長 内田高史
自動車|アップル・バイドゥも参入へ
自動車|基幹部品の外販とトラックが鍵
Part2 日本企業は変われるか|日本の強み・HVに「座礁資産」化のおそれ
脱炭素へ2兆ドルの巨額投資
2060年より前に実質ゼロへ
グリーン戦略の鍵は「水素」
「脱炭素」投資家の選択基準|GPIF
「脱炭素」 投資家の選択基準|ブラックロック
グリーンマネー3000兆円の奔流
2050年脱炭素戦略を問う|経済産業相 梶山弘志
基礎研究、用途開発とも課題山積
Part1 脱炭素で変わる世界|舵を切った日本、「独自モデル」は通用するか
知っておきたい10のキーワード
脱炭素サバイバル
水素、EVめぐり大乱戦
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内