有料会員限定

水素シフトに活路求める 重工業|大黒柱の火力発電に強烈な逆風

印刷
A
A

化石燃料を使わない発電として、各社は水素に着目する。海外では事業化も。

川崎重工業は豪州で製造した水素を日本に運ぶための液化水素運搬船を建造した(写真:川崎重工業)

特集「脱炭素サバイバル」の他の記事を読む

三菱重工業やIHI、川崎重工業など総合重工業大手にとって、「脱炭素化」は自らの食いぶちを直撃する一大事だ。中でも最大の課題は、各社にとって大きな収益源になっているタービンやボイラーといった火力発電装置。ただ、化石燃料を燃やす発電が減っても、脱炭素化によりCO2(二酸化炭素)の排出を伴わない発電へのニーズは今後増える。そこで必要なのは、いかに将来のエネルギー源を見定め、その分野での優位性を確保するかだ。

各社が商機を見いだすのは、洋上風力と並んで将来有望な電源と目される水素・アンモニアだ。総合重工3社は、いずれも中長期戦略の重点施策に水素やアンモニアを位置づける。とくに水素は沸点が低く貯蔵が難しかったり、燃焼のスピードが速くバックファイア(過早着火)が起きやすかったりと、取り扱いが難しい。研究開発レベルでは日本は古くから取り組んできた経緯もあり「技術的ハードルがあっても乗り越えられる」(関係者)との期待は高い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
脱炭素サバイバル
脱炭素で伸びる会社はどこか
重工業|大黒柱の火力発電に強烈な逆風
商社|再エネ、水素事業に熱視線
インタビュー/三菱商事 電力ソリューショングループ CEO 中西勝也
鉄鋼|日本の鉄鋼業は生き残れるか
脱炭素戦略の勝算|JERA 社長 小野田 聡
脱炭素戦略の勝算|東京ガス 社長 内田高史
自動車|アップル・バイドゥも参入へ
自動車|基幹部品の外販とトラックが鍵
Part2 日本企業は変われるか|日本の強み・HVに「座礁資産」化のおそれ
脱炭素へ2兆ドルの巨額投資
2060年より前に実質ゼロへ
グリーン戦略の鍵は「水素」
「脱炭素」投資家の選択基準|GPIF
「脱炭素」 投資家の選択基準|ブラックロック
グリーンマネー3000兆円の奔流
2050年脱炭素戦略を問う|経済産業相 梶山弘志
基礎研究、用途開発とも課題山積
Part1 脱炭素で変わる世界|舵を切った日本、「独自モデル」は通用するか
知っておきたい10のキーワード
脱炭素サバイバル
水素、EVめぐり大乱戦
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内