有料会員限定

トヨタ「FCV」戦略の成否 自動車|基幹部品の外販とトラックが鍵

印刷
A
A

水素を燃料とする究極のエコカー「燃料電池車」。普及を目指すトヨタの新たな戦略とは。

2020年12月にトヨタが発売した燃料電池車(FCV)の新型「ミライ」は、航続距離を初代より3割延ばし850キロメートルを実現した

特集「脱炭素サバイバル」の他の記事を読む

「本格的な水素普及への出発点としての使命を担う車だ」。トヨタ自動車は昨年12月、燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」を発表し、国内販売を開始した。初代から6年ぶりの刷新で、技術部門トップの前田昌彦執行役員は2代目ミライを前に語気を強めた。

FCVは電気自動車(EV)と同様に電気で駆動モーターを動かして走行する。ただ、EVが電池にためた電気を用いるのに対し、FCVは燃料として積んだ水素と空気中の酸素を化学反応させて発電する。走行時には水しか排出せず、乗用車なら数分の水素充填で長距離を走行できるため、「究極のエコカー」ともいわれる。

トヨタはいち早くこの技術に注目し、2014年に世界初の量産型FCVとして初代ミライを発売。しかし、有害物質をまったく排出しない最先端の「ゼロエミッション車」として国内外で大きな注目を集めたものの、その販売は大苦戦。累計販売台数は国内でわずか約3700台、全世界でも約1万1000台にとどまり、「水素社会の実現を加速させるには力が及ばなかった」(前田執行役員)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
脱炭素サバイバル
脱炭素で伸びる会社はどこか
重工業|大黒柱の火力発電に強烈な逆風
商社|再エネ、水素事業に熱視線
インタビュー/三菱商事 電力ソリューショングループ CEO 中西勝也
鉄鋼|日本の鉄鋼業は生き残れるか
脱炭素戦略の勝算|JERA 社長 小野田 聡
脱炭素戦略の勝算|東京ガス 社長 内田高史
自動車|アップル・バイドゥも参入へ
自動車|基幹部品の外販とトラックが鍵
Part2 日本企業は変われるか|日本の強み・HVに「座礁資産」化のおそれ
脱炭素へ2兆ドルの巨額投資
2060年より前に実質ゼロへ
グリーン戦略の鍵は「水素」
「脱炭素」投資家の選択基準|GPIF
「脱炭素」 投資家の選択基準|ブラックロック
グリーンマネー3000兆円の奔流
2050年脱炭素戦略を問う|経済産業相 梶山弘志
基礎研究、用途開発とも課題山積
Part1 脱炭素で変わる世界|舵を切った日本、「独自モデル」は通用するか
知っておきたい10のキーワード
脱炭素サバイバル
水素、EVめぐり大乱戦
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内