ファンケル 創業者 池森賢二 プロローグ|オーナー経営者の決断 1

印刷
A
A


大切に育てた会社を手放したくない──。オーナー経営者ならばそう考え、事業承継をためらうのも無理はない。しかし、業績が悪化する前に決断したほうがいい。そこでまずは、社長の座はもちろん、株式もすべて手放し事業承継をした2人のオーナー経営者の話に耳を傾けてみよう。 =敬称略=

「自分のことより会社や社員を最優先に考える」

1981年に無添加化粧品の会社を起こし、今や日本を代表する化粧品メーカーに育てた池森賢二。2019年8月にキリンホールディングスと資本業務提携、創業家の全株式を譲渡する形で事業承継をした。池森よわい82のときだった。

──いつから株式の譲渡による事業承継を考えていたのでしょう。

ファンケル 創業者 池森賢二(いけもり・けんじ)1937年生まれ。三重県出身。59年小田原瓦斯入社。81年にファンケル創業。2003年に社長を退任し名誉会長に。13年会長執行役員として経営に復帰、20年に退任。現在は名誉相談役 ファウンダー。

ちょうど80歳になってすぐのときです。日本人男性の平均寿命が81歳くらいだと聞き、「私が突然死んだらファンケルはどうなるんだろう。支え続けてくれている社員や役員が困ってしまう」と思い、真剣に考え始めました。会社も好調でしたし、私の目が黒いうちに、会社の将来を考えなければならないと思ったのです。

──親族に会社を継がせるという選択肢を採らなかったのはなぜでしょうか。

私には息子と兄弟がいます。しかし息子は美術の道を志していましたし、兄弟も高齢ですから引き継げる人材が身内にはいませんでした。だから親族に継がせようという考えは初めからありませんでした。たぶん継がされたほうも迷惑するだろうと思ったからです。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トクする事業承継 M&A
エピローグ
政府主導の人材会社が種まき
インタビュー/日本M&Aセンター 社長 三宅 卓
後継者不在に悩む中小企業の救世主か
会社に勤務しつつ買収する人も
数十万円で買える案件も掲載
狙いは“エコシステム"の形成
Part3 過熱する承継ビジネス
インタビュー/PwCアドバイザリー合同会社 M&Aアドバイザー 福谷尚久
問題先送りは致命的
準備が肝心!
廃業(会社清算)
MBO・外部招聘
第三者承継(M&A)
Part2 お得な会社の引き継ぎ方
従業員のケガ、雇用延長問題…
親族内承継、第三者への譲渡…
Part1 コロナ禍で加速する事業承継
トクする事業承継 M&A
後継者選び、待ったなし!
ファンケル 創業者 池森賢二
プロローグ|オーナー経営者の決断 1
カレーハウスCoCo壱番屋 創業者 宗次德二
プロローグ|オーナー経営者の決断 2
インタビュー/りそな銀行社長 岩永省一
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内