有料会員限定

新型コロナで拍車がかかる、待ったなしの後継者問題 Part1 コロナ禍で加速する事業承継

印刷
A
A

事業承継のタイミングを失して損をしないためにも、一刻も早く決断すべきだ。

写真はイメージです(mits_PIXTA)

特集「トクする事業承継 M&A」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年9/12号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

東京都内で小さな印刷会社を営む70代の男性は今年7月、「新型コロナで気がめいるから暑気払いでもしようではないか」と社長仲間に誘われ、飲み会に参加した。

「暗い話は御法度ね」という当初の約束はどこへやら。話題はすぐさま新型コロナウイルスの影響に及び、業績悪化の話はもちろんのこと、あとどれくらい資金が持ちそうかなど、口をついて出てくるのは深刻な話ばかりだった。

そんな中、参加者の一人がぼそっとつぶやいた。

「取引先から聞いたんだが、あいつの会社、倒産して自己破産したらしいぞ」

その会社はここ数年、業績が芳しくなく、新型コロナでついにとどめを刺されたというのだ。

「めぼしい財産は全部持っていかれて、当面の生活費という名目で99万円しか残してもらえなかったらしい。離婚して一家離散だって。倒産は怖いわ」

そんな話を聞きながら、男性は自身の会社に思いを巡らせていた。ここ数年は技術の進歩についていけず、会社を維持していくので精いっぱいだったからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トクする事業承継 M&A
エピローグ
政府主導の人材会社が種まき
インタビュー/日本M&Aセンター 社長 三宅 卓
後継者不在に悩む中小企業の救世主か
会社に勤務しつつ買収する人も
数十万円で買える案件も掲載
狙いは“エコシステム"の形成
Part3 過熱する承継ビジネス
インタビュー/PwCアドバイザリー合同会社 M&Aアドバイザー 福谷尚久
問題先送りは致命的
準備が肝心!
廃業(会社清算)
MBO・外部招聘
第三者承継(M&A)
Part2 お得な会社の引き継ぎ方
従業員のケガ、雇用延長問題…
親族内承継、第三者への譲渡…
Part1 コロナ禍で加速する事業承継
トクする事業承継 M&A
後継者選び、待ったなし!
ファンケル 創業者 池森賢二
プロローグ|オーナー経営者の決断 1
カレーハウスCoCo壱番屋 創業者 宗次德二
プロローグ|オーナー経営者の決断 2
インタビュー/りそな銀行社長 岩永省一
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内