有料会員限定

仲介会社 銀行 マッチングサイト...バブル到来の承継市場 Part3 過熱する承継ビジネス

印刷
A
A

事業承継市場に新たなプレーヤーたちがひしめき始めている。

(CORA/PIXTA)

特集「トクする事業承継 M&A」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年9/12号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

毎週月曜日、中小食品企業の再生を手がけるヨシムラ・フード・ホールディングスの吉村元久代表は、前の週に持ち込まれたM&A候補リストに目を通す。

その数、直接吉村氏の目に触れるもので年間150ほど。事前に部下がふるい落とした案件を含めると、年間数百に及ぶ。

ここ10年で、ヨシムラ・フードは20社を買収。多くが地方の後継者不在に悩む中小企業で、買収後、赤字続きの企業をあっという間に黒字転換させた実績もある。

こうした買収意欲が旺盛な企業のことを、M&A業界では「ストロングバイヤー」と呼ぶ。案件を持ち込んでいるのは、会計士や税理士、そして仲介会社たちだ。

急拡大のM&A仲介会社

1990年ごろまで、M&A業界の主役といえば、大手銀行や証券会社だった。上場企業同士のM&Aや、海外企業を対象にしたクロスボーダー型M&Aの助言ができるのは大手金融機関だけだったからだ。

それがここ数年、状況はがらりと変わった。中小企業の事業承継ニーズが高まり、M&Aという手法が普及するにつれ、中小企業オーナーと接点を持つ地方銀行や会計士、税理士が多くの案件に携わるようになってきたのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トクする事業承継 M&A
エピローグ
政府主導の人材会社が種まき
インタビュー/日本M&Aセンター 社長 三宅 卓
後継者不在に悩む中小企業の救世主か
会社に勤務しつつ買収する人も
数十万円で買える案件も掲載
狙いは“エコシステム"の形成
Part3 過熱する承継ビジネス
インタビュー/PwCアドバイザリー合同会社 M&Aアドバイザー 福谷尚久
問題先送りは致命的
準備が肝心!
廃業(会社清算)
MBO・外部招聘
第三者承継(M&A)
Part2 お得な会社の引き継ぎ方
従業員のケガ、雇用延長問題…
親族内承継、第三者への譲渡…
Part1 コロナ禍で加速する事業承継
トクする事業承継 M&A
後継者選び、待ったなし!
ファンケル 創業者 池森賢二
プロローグ|オーナー経営者の決断 1
カレーハウスCoCo壱番屋 創業者 宗次德二
プロローグ|オーナー経営者の決断 2
インタビュー/りそな銀行社長 岩永省一
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内