有料会員限定

日本企業・ESGの本気度 再エネ大量導入や森林破壊ゼロへ動き出す

印刷
A
A

経営戦略として環境対策に取り組まなければ成長を阻まれる時代に。

日清食品ホールディングス|カップヌードルでエコを徹底追求

看板製品のカップヌードルは持続可能なパーム油を使用。容器にはRSPO認証マークがついている(撮影:尾形文繁)

特集「脱炭素 待ったなし」の他の記事を読む

「地球環境の問題に企業が積極的に取り組むことは、当たり前になった」。日清食品ホールディングス(HD)の安藤宏基社長は、6月にオンラインで行われた環境戦略「アースフードチャレンジ2030」発表の会見で、力を込めてそう語った。

同社は今回、温室効果ガスの削減目標として、30年までに自社から排出する量を18年度比で30%削減するとした。さらにサプライチェーン(原料調達、輸送、廃棄など)で排出される温室効果ガス量も同15%削減するとした。この目標は、パリ協定の「2度目標(産業革命後の世界の平均気温の上昇を2度未満に抑える)」に整合するとして、SBT(企業版2度目標)に認定された。

具体的には、今年3月から日清食品HD東京本社の使用電力の半分を、ゴミ焼却によるエネルギーを用いた「ごみ発電電力」とする。また、21年度中に主力製品「カップヌードル」の容器を、「バイオマスECOカップ」ブランド製品へ切り替える。容器で使用している石油化学由来プラスチックを植物由来のバイオマスプラスチックに一部置き換え、焼却時に排出される二酸化炭素(CO2)を従来容器より約16%削減する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
脱炭素 待ったなし
脱炭素キーパーソンに聞く1|IHSマークイット副会長 ダニエル・ヤーギン
グリーンリカバリーに向け世界が動く
不況対策に内燃機関車への補助金はない
再エネ大量導入や森林破壊ゼロへ動き出す
脱炭素キーパーソンに聞く2|丸紅 電力・インフラグループCEO 横田善明
CO2大量排出産業の宿命
再エネ店舗は普及するか
脱炭素 待ったなし
出遅れ日本でもエネルギーシフトが本格化
日本エネルギー経済研究所 専務理事・首席研究員 小山 堅
コロナ禍と原油価格急落で経済が苦境に
独仏はEV購入に100万円以上補助
「非効率石炭」退場の衝撃
Part2 脱炭素化への奮闘|重い腰を上げた日本政府
Part3 前進する再エネ|ついに日本も導入目標を策定
脱炭素の切り札となりうるか
脱炭素キーパーソンに聞く3|国際大学大学院教授 橘川武郎
強靱で環境性に優れたエネルギー
脱炭素キーパーソンに聞く4|東京電力リニューアブルパワー社長 文挾誠一
脱炭素キーパーソンに聞く5|日本経済団体連合会会長 中西宏明
石油・ガス企業の瀬戸際
Part1 石油の終焉|世界で相次ぐ巨額損失と破綻
インタビュー/MHIヴェスタス アジア太平洋地域リージョナルマネジャー 山田正人
欧州が野心的な水素戦略に着手した
「CO2削減の目標を出すべく議論している」
日本製鉄・鈴木英夫常務に聞く
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内