豪ドルは緩やかに下落、経済は2015年底打ち

HSBCのエコノミスト、ブロックサム氏に聞く

――資源価格はまだ下げており、中国経済も減速している。その影響は?

資源価格の下落は最大のマイナス要因だが、中国経済は規模ではまだ巨大であり、15年も7%の成長を維持すると見ている。オーストラリアの商品に対する需要は旺盛で、鉄鉱石や、LNG(液化天然ガス)のオーストラリアからの輸入が伸びる見通しだ。

鉱業ブームの時に、LNGの生産拡大へ向けた投資が伸びて、現在、オーストラリア全土で7つの大きなプロジェクトが進行している。これが中国、日本、韓国、台湾などへ向けたLNGの生産拠点になる。2015〜2016年に稼働が急増する見込みで、価格は下がるが、生産能力が飛躍的に伸びる。

豪ドルの下落は緩やか、2015年末に0.78米ドル

――ボリュームの増加のプラス要因と価格下落のマイナス要因、どこかでマイナスの方が大きくなるのではないか。

LNGは分岐点を見つけるのが難しい。プロジェクトはすべて契約が締結されているが、内容は公開されていない。ただ、ほとんどの契約は2009〜2010年の原油価格が1バレル=60ドルの頃に締結されているので、まだ利益は出ると思う。

資源価格は重要だ。下振れリスクとしてもっとも懸念されるのは、鉄鉱石だ。鉄鉱石は輸出の20%を占め、鉄鉱石の輸出がGDPの4%を占めている。ただ、オーストラリアは鉄鉱石ではコストが最も安い生産者だ。最も高い生産者は世界の鉄鉱石の20%を生産している中国だ。現在の鉄鉱石の価格は1トン当たり70ドル。オーストラリアの主要なメーカーのコストは1トン当たり35〜40ドル。中国はコストが1トン当たり90〜110ドル。今後、中国は価格を下げると思うが、オーストラリアには競争力がある。

――中国の7%成長は投資依存で維持されており、無理をしているのでは?失速する恐れがあるのではないか。

HSBCではそうは見ていない。

――今後のRBAの金融政策と豪ドルの見通しは?

政策金利は2015年末まで2.5%で据え置くと予想している。豪ドルは引き続き安くなるだろう。米国が2015年の第3四半期、6〜7月頃には利上げに踏み切り、米ドルが上昇し、相対的に豪ドルは下落する。ただ、年末にはRBAも利上げをしなくてはならなくなり、2.75%に政策金利を引き上げると見ている。利上げペースは緩やかだが、2016年末で3.5%になっていると思う。豪ドルは緩やかな下落で、15年末で0.78米ドル、2016年では0.75米ドルと予想する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。