有料会員限定

三井住友、首位獲得の真相 三菱UFJを初めて抜いた

印刷
A
A

メガバンク誕生から初めて順位が入れ替わった背景には、経費率の差があった。

「われわれも三井住友を見習わなければ」。5月15日に発表された2020年3月期決算を受け、三菱UFJフィナンシャル・グループの首脳陣の一人はこのように反省の弁を述べた。05年に今の3メガバンク体制になってから初めて三菱UFJが純利益ベースで三井住友フィナンシャルグループに首位を明け渡したからだ。

最大の敗因は、海外の銀行子会社の減損。インドネシアのバンクダナモン、タイのアユタヤ銀行など東南アジアの銀行子会社の株価が大幅に下落し、のれんの減損を強いられた。

国内は人口減少が進み、マイナス金利導入で利ザヤが取れなくなっている。そのため高成長が続く東南アジア市場を取り込む戦略を進めたが、それが裏目に出た。

ただ、首位交代の理由が減損だけかといえば、答えは「ノー」だ。

注目すべきは経営の効率性。持ち株会社の連結ベースで見た経費率は、三井住友の62.8%に対し、三菱UFJは70.2%と大きく水をあけられている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
銀行 地殻変動
エピローグ
インタビュー/SBIホールディングス社長 北尾吉孝
金融庁が“宗旨変え"で接近
強豪も動き始める
全上場銀行業績を予測
小売り・サービスに多額融資
独自試算 最新決算で浮き彫りに
融資膨張の先に待つ「不良債権地獄」の恐怖
Part3 アフターコロナに待ち受ける時限爆弾
政府出資は時限的が理想
メガバンクトップに聞く/みずほフィナンシャルグループ 社長 坂井辰史
メガバンクトップに聞く/三井住友フィナンシャルグループ 社長 太田 純
三菱UFJを初めて抜いた
店舗とATMの削減が加速
Part2 メガにも押し寄せる地殻変動
インタビュー/三菱UFJ銀行頭取・全国銀行協会会長 三毛兼承
苦しい事業者に付け込む
「地域価値向上会社」を目指す
インタビュー/山口フィナンシャルグループ会長 吉村 猛
「疑似資本」のローンで復活促す
インタビュー/横浜銀行 頭取 大矢恭好
地元企業を支える地銀の覚悟
資本性ローン提供に加え、商社の役割も
地元に根を張る中小・零細企業を救え!
融資合戦の陰で進む
Part1 コロナがもたらす銀行の変貌
銀行 地殻変動
融資膨張の先に待つ「不良債権地獄」の恐怖
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内