有料会員限定

「企業再生」成功への道筋 政府出資は時限的が理想

印刷
A
A

コロナ禍で政府資金による企業救済が再び注目されている。

ダイエーの再建では予定より早く民間への売却が行われた

特集「銀行 地殻変動」の他の記事を読む

ホテルやレストランの閉鎖など、新型コロナウイルスの感染拡大で、消費者向けサービス業の経営悪化や破綻が伝えられている。今後、その悪影響は全産業にも波及していくだろう。それは個人零細企業だけでなく、中規模企業や大企業にも及ぶ。

そうなると「企業救済」という話が出るようになる。政治的には個人零細企業の救済のほうが重要になってくるが、マクロ経済的に考えると、多くの従業員を抱え、仕入れ、販売なども多岐にわたる大・中規模企業の救済・再生のほうが不可欠な政策となる。

ニューマネーが不可欠

大・中規模企業の再生にとって重要な要素は、「ニューマネー」と呼ばれる真水が投じられるかどうかだ。筆者は2003年に設立された官製ファンド・産業再生機構に在籍し、ダイエーやカネボウを担当した。

その際に示した事業再建案は、とくに奇手奇策があったわけでもなく、当事者や金融機関が作成していた再建案と相似形だった。決定的な差は、ニューマネー投入を前提とした再生計画を作成したことにある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
銀行 地殻変動
エピローグ
インタビュー/SBIホールディングス社長 北尾吉孝
金融庁が“宗旨変え"で接近
強豪も動き始める
全上場銀行業績を予測
小売り・サービスに多額融資
独自試算 最新決算で浮き彫りに
融資膨張の先に待つ「不良債権地獄」の恐怖
Part3 アフターコロナに待ち受ける時限爆弾
政府出資は時限的が理想
メガバンクトップに聞く/みずほフィナンシャルグループ 社長 坂井辰史
メガバンクトップに聞く/三井住友フィナンシャルグループ 社長 太田 純
三菱UFJを初めて抜いた
店舗とATMの削減が加速
Part2 メガにも押し寄せる地殻変動
インタビュー/三菱UFJ銀行頭取・全国銀行協会会長 三毛兼承
苦しい事業者に付け込む
「地域価値向上会社」を目指す
インタビュー/山口フィナンシャルグループ会長 吉村 猛
「疑似資本」のローンで復活促す
インタビュー/横浜銀行 頭取 大矢恭好
地元企業を支える地銀の覚悟
資本性ローン提供に加え、商社の役割も
地元に根を張る中小・零細企業を救え!
融資合戦の陰で進む
Part1 コロナがもたらす銀行の変貌
銀行 地殻変動
融資膨張の先に待つ「不良債権地獄」の恐怖
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内