有料会員限定

信金・信組の飽くなき挑戦 地元に根を張る中小・零細企業を救え!

印刷
A
A

飲食店や町工場を支えてきた信用金庫、信用組合の存在感が高まっている。

コロナ禍で客足が遠のいた商店街。地域経済を金融機関がどこまで支えられるか(撮影:今井康一)

特集「銀行 地殻変動」の他の記事を読む

「資金繰りはどうなっている?」。東京・目黒区の老舗中華料理店「香港園」に第一勧業信用組合(本店・新宿区)の新田信行会長(当時理事長)がやってきたのは3月末のことだった。差し入れのお菓子とマスク、見舞金1万円を王孝安社長に手渡し、こう告げた。「資金は第一勧信が何とかする。心配なことは何でも相談して」。

売り上げの7割を夜の宴会が占める香港園は、3〜4月に入っていた歓送迎会や謝恩会の予約は軒並みキャンセルとなり、資金繰りが一気に苦しくなった。そして4月7日には緊急事態宣言が発出され、やむなく休業するに至った。売り上げがゼロになる一方、人件費や賃料といった固定費の流出が続いた。「店を畳もうかと何度も考えた。でも、何十年も働いてくれている従業員を見捨てるわけにはいかないし、第一勧信さんが全力で応援してくれたので、どうにか踏みとどまれた」(王社長)。

営業を再開した5月28日の夜、新田会長や目黒支店の職員ら十数人が店を訪れ、祝杯を挙げた。「銀行にはない温かみが、第一勧信にはある」。王社長はそう語る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
銀行 地殻変動
エピローグ
インタビュー/SBIホールディングス社長 北尾吉孝
金融庁が“宗旨変え"で接近
強豪も動き始める
全上場銀行業績を予測
小売り・サービスに多額融資
独自試算 最新決算で浮き彫りに
融資膨張の先に待つ「不良債権地獄」の恐怖
Part3 アフターコロナに待ち受ける時限爆弾
政府出資は時限的が理想
メガバンクトップに聞く/みずほフィナンシャルグループ 社長 坂井辰史
メガバンクトップに聞く/三井住友フィナンシャルグループ 社長 太田 純
三菱UFJを初めて抜いた
店舗とATMの削減が加速
Part2 メガにも押し寄せる地殻変動
インタビュー/三菱UFJ銀行頭取・全国銀行協会会長 三毛兼承
苦しい事業者に付け込む
「地域価値向上会社」を目指す
インタビュー/山口フィナンシャルグループ会長 吉村 猛
「疑似資本」のローンで復活促す
インタビュー/横浜銀行 頭取 大矢恭好
地元企業を支える地銀の覚悟
資本性ローン提供に加え、商社の役割も
地元に根を張る中小・零細企業を救え!
融資合戦の陰で進む
Part1 コロナがもたらす銀行の変貌
銀行 地殻変動
融資膨張の先に待つ「不良債権地獄」の恐怖
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内